シルクの勝負服でダートというと、シルクフォーチュンがやはり浮かびます。

とはいえこの馬はもっと器用。血統もシルクにしては、って感じのマル外。

かつ強い。

エピカリスがUAEダービー2着とまずまずの結果を残しておそらく帰国後にジャパンダートダービーに参戦してくるでしょう。

迎え撃つはこの馬か。

今回のレースに限ってはシゲルベンガルトラが案外がんばると思っていて、結果4着。

距離と右回りの壁か。

来年のフェブラリーステークスのころには、今年の3歳ダート馬、勢ぞろいしてそうなくらい勢い、強さを感じます。

ドバイで大敗のゴールドドリーム、名古屋大賞典で敗北した川崎記念勝ち馬など、今年の古馬ダート勢は安定味に欠けるだけに、来年に向けてしっかり鍛えてほしいところ。

 

レースはこのような感じです。

にしても木幡親子で一番結果を出しているのはやはり巧也か。

父もパルブライトとかサクセスストレインとか、馬券で世話になったことがあるし嫌いじゃないんだよな。

www.youtube.com